3Dプリンター造形ストマ装具
ストマプロテクター7pA2型(ABS樹脂製アーチ型)
アーチ型はストマ装具に対応するための肌に接する面のくりぬきがアーチ型になったものです。2型はベルト受け(ベルト掛部分)が横向きになっているものです。ABS樹脂製はウレタン製・ポリプロピレン製と比べて固く強度があり、軽く対候性も強いのが特徴です。弾力性はほとんどありません。また、やすりやサンドペーパーで容易に磨きや修正ができます。縦幅7pは6cm程度までの広さのベルトや帯に対応します。プロテクターの固定は4p幅の伸縮ベルトで行います。A型はベルトとストーマの位置関係により上から差し込むか、下方向からかで調整します
ストマプロテクター A2型(ベルト受け横型)
A2型はA1型と比べると若干ですがお腹のふくらみは目立ちにくくなります。縦アーチの高さは同じですので、ベルト受けの部分の高さの差のみになります。パウチ収納部高さの低いタイプ(20mm・25mm)にお勧めです。
ストマプロテクター10pA2型(ポリプロピレン製アーチ型)
ポリプロピレン製アーチ型・縦幅10pは大工さんや電気工事をされる方の道具ベルト対応や和服の帯などに対応できるよう縦幅を広くとったタイプです。ポリプロピレン製はABS樹脂製に比べると重いですが、やや弾力性があります。サンドペーパーなどでは削りにくくなりますのでノミやナイフなどで修正します。ベルトは4p幅が対応します。

A2型はコーナーの角度を大きくし、肌に接する面をペーパーですべすべにする事で、ウレタン製肌面クッションを付けていません。痛い部分が出るときのためノリ付きスポンジを同梱します。
ストーマまたはストマ装具とベルトとの位置関係により上から差し込むか下からか選択します。
ストマプロテクター アーチ型について)
付属の4p幅伸縮ベルトは基本的にはベルトで占めるまでの仮止め用になりますので、上から差し込む場合は不要になる場合もあります(ずれ防止を考えると両方の方が安心ですが)。以前は別売りにしていましたがベルトが付いているものと勘違いして注文してくる方が多かったためやむなくベルトとのセットにしています。本体だけほしいという方はメールや電話にてご相談ください。
myweb4015025.gif
FAX注文書 用紙印刷用画面へ
myweb4015024.gif
英語(English)のページへ
左写真の粘着スポンジシート(4分割した1枚)を発送時同梱しています。
座った時かどが当たったり、背中を曲げたときに縦アーチ型の上の部分に肋骨が当たったりする場合など、部分的な箇所に春のを前提にしています。肌にあたる部分前面に貼ることも可能ですが、汗などで汚れた場合に清潔を保てるか心配なため、肌面クッションとしては採用を見送りました。
myweb4015022.jpg myweb4015021.jpg myweb4015020.jpg
ストマプロテクター
A1型(アーチ型・ベルト受縦)
myweb4015019.jpg
B型(ブリッジ型)
myweb4015018.jpg
A2型(アーチ型・ベルト受横)
myweb4015017.jpg
A6型(アーチ型・ベルト受無)
myweb4015016.jpg
C型(下着ゴム用)
myweb4015015.jpg
H型(傍ヘルニア固定兼用型)
myweb4015014.jpg
シートベルト用
myweb4015013.jpg
ストマパット
myweb4015012.jpg
S80型
myweb4015011.jpg
S120型
myweb4015010.jpg
S120プラス型
myweb4015009.jpg
S50型
myweb4015008.jpg
ストマキャップ(簡易型ペロッテ)
myweb4015007.jpg
ストマ防音
myweb4015006.jpg
ストマ防音パット
myweb4015005.jpg
ストマ防音プロテクター
myweb4015004.jpg
ストマプロテクター特注
myweb4015003.jpg
ストマ防音 特注
お袋傘シリーズ
myweb4015001.jpg
お袋傘用ベルト