より安心なストーマライフのために
装具装着時にいつも気おつけておくこと
myweb8008011.jpg asagao.gif
ストーマ周囲をきれいにして良く乾かしておいてから貼る事 
 濡れた状態では着きませんが湿った状態なら着くのはつきます。しかし弱い付き方です。皮膚保護剤は水分を吸ってくれますので、ちょうど良い状態になったら強くつきます。それまでの時間はいつ剥がれてもおかしくないです。
 よく乾かしてから貼った方が最も短い時間で粘着が強くなるようです。
ただし、限度というものもあり、冬場の乾燥肌のひどい状態ではかえってつきにくくなることもあるようです。たぶん乾燥しすぎて外皮の荒れ方がひどく凸凹がきつい状態なのではと思います。
asagao.gif
最初に隙間なく密着させること 
asagao.gif
皮膚保護剤が皮膚になじむためには数時間かかります。 
 テープの場合は貼ってから数十分もしないで強くつきます。それは薄いことと水分吸収をしないなど皮膚保護剤とは性質が違うからです。反対に湿布薬は最初はすぐ剥がれてしまいますが3日ぐらい貼ったままにしておくと結構強くついています。皮膚保護剤も同じです。
 一言で皮膚保護剤と言っても、メーカーや種類により何種類もあります。保護剤がある程度の粘着力に達するには速いもので30分か40分必要です。最も強くなるには24時間から48時間程度必要です。大体の傾向としては、長く持つように作られたものは、それだけ長い時間が必要です(最近は新しい化学材料が使われだしていて一概には言えませんが)。

上記の時間をできるだけ短くするには、貼った後周囲を良く押さえたり擦ったりする、冬の寒い日に交換するときは保護剤自体を25度ぐらいに暖めておく、湯上りで体温はまだ温かく汗は引いたというタイミングで交換する、着け始めの時間はベルトをはめる、朝よりもどちらかというと夕方の時間に交換する(人の体温は朝は低く夕方は高い)、などのことが有効だと思います。
asagao.gif
パウチは最低限の空気が入った状態にしておく。 
パウチ内がぺちゃんこで引っ付いている状態だと、ストーマから出てきた排泄物は下に落ちることができません。行き場をなくして保護剤の下に潜り込んだりします。日頃は排泄物が出るときはガスも一緒に出ることが多いので、頻繁に起こるわけではないですが、便の状態によっては時たま起こるようです。これは尿の場合でも起こることがあります。特にストーマの周囲がビニール同士がピタッとくっついてしまっている場合などが要注意です。
平面のワンピースパウチでよく起きます。平面でも凸面のものやツーピースでは起きにくいようです。凸面の窪みやジョイント部分でもともとわずかな隙間があることが理由と思われます。
現在作成途中です。徐々に増やしていく予定です。 
c50bm040.gif
 皮膚保護剤が皮膚に強くつくためには、できるだけ広い範囲で皮膚と皮膚保護剤が密着している必要があります。貼った皮膚保護剤は人の体温で徐々に柔らかくなり、お腹の皮膚の凹凸になじみ全体的に密着するようになります。貼った時点で一部分浮いているところがあると、その部分に空気が這入ったり、汗をかいたりして湿ってしまうと、その部分の粘着力は弱くなります。また動くことでその部分は広がってしまいます。
 最初にきっちり隙間なく貼れるかどうかが肝心です。
c50bm042.gif myweb8008010.jpg asagao.gif
ストーマ有効径について 
メーカー のカタログにストーマ有効径の欄があります。商品やメーカーによって若干の違いがありますが 、だいたいストーマより1mm程度大きく設定されているようです。ただ、すべての方がそうであるわけではありません。9割以上の方はストーマより1〜2mm余裕を持たせたら十分なのですが、稀に大腸の蠕動運動がストーマまで伝ってきたり、便が出る時だけ大きくなったりで、通常より5〜6mm大きくなる方もいるようです。また、痩せた方で腹筋が弱くなっている方の場合はストーマが縮こまったような状態で便が出る時だけ大きくなるという方もいます。ある程度高さのあるストーマの場合はストーマの付け根や腹壁に圧迫痕などができて、そのことがわかる場合もあります。高さのないストーマの場合はストーマが保護剤の下に潜り込んでしまい、かぶれや漏れの原因になったりします。
 もし、原因のわからない漏れやかぶれが続くようでしたらストーマ孔のサイズを見直すことも必要かもしれません。 
c5ebm008.gif myweb8008009.gif
福祉制度
給付品
poolball01.gif poolball02.gif
より安心なストーマライフのために
poolball03.gif poolball04.gif
ストマ装具について
ストー教室
myweb8008008.gif myweb8008007.gif myweb8008006.gif myweb8008005.jpg myweb8008004.gif myweb8008003.gif myweb8008002.gif myweb8008001.gif
ワンピースパウチ
ツーピースパウチ
 腎瘻ケア
 失禁ケア
 補助用品
usa2y.gif usa2w.gif